topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧学習院初等科正堂と切手 - 2013.02.02 Sat

P2023398.jpg

先日、切手の博物館の切手屋さんでふと目に止まった切手。あれ?何だか見たことあるぞって。近代洋風建築シリーズ第9集、旧学習院初等科正堂。1983年発行。そうだ、今年の1月3日に行ったばかり。

P1031563.jpg

ここ!明治32年、現在の東京都新宿区の辺りに学習院初等科正堂として建てられた建物。その後2度ほど移築され、現在は千葉県栄町・成田市にまたがる「房総のむら」内にて公開されています。国の重要文化財。

P1031578.jpg

P1031565.jpg

P1031566.jpg

P1031576.jpg

今度行ったら切手と同じ角度で撮ってみようかな。^^
切手の景色を巡る旅というのも楽しいかもしれない!


***


房総のむらには野鳥がたくさん、風土記の丘資料館もあるし、江戸の街並みを再現したエリア、そして本物の古墳群もあります。その魅力はまた改めて紹介できたらな、と思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。
スポンサーサイト

松本の不思議な建物・旧開智学校 - 2013.01.15 Tue

松本にある旧開智学校は、明治初期に住民の寄付などを集めて建てられた小学校でした。国の重要文化財に指定されています。

PC233051.jpg

木造で、壁は漆喰塗り。当時の松本の大工が西洋を倣って試行錯誤したそうです。「擬洋風建築」の傑作と言われています。

PC233053.jpg

頑張って西洋風にしてみたよ!って感じの愛おしい建物。このエンジェルの前に立ってると不思議の国へやってきたかのような錯覚を覚えます。

PC233054.jpg

塔のてっぺんのとこ漢字なの!

PC233078.jpg

中へ入ってみます。

PC233069.jpg

PC233082.jpg

PC233093.jpg

細かいところも作りが凝ってます。

PC233089.jpg

ここは講堂。

PC233091.jpg

PC233094.jpg

急すぎる階段。(現在は使用不可)

P1153209.jpg

記念スタンプ!

P1153210.jpg

スタンプ大充実!

PC233049.jpg

オリジナルグッズもいくつかあって、これはチケット売り場で使われていた文鎮。お土産コーナーで同じものを売っていたよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

醤油のまち!野田市郷土博物館と旧茂木佐邸 - 2012.12.02 Sun

地元では当たり前の話だけれど、東武野田線野田市駅では電車を降りると醤油の匂いがただよってきます。そう、ここはキッコーマンが本社を置く醤油のまち。古くから醤油醸造で栄えたこの地には今でも醤油工場が立ち並び、野田市の特産品としての醤油を世に送り出しています。2012年9月15日、野田市郷土博物館とそのお隣の旧茂木佐邸を散策しました。

P9151015.jpg

まずは郷土博物館へ。昔の醤油醸造の様子。

P9151022.jpg

紙ものー!ぜひステッカーにして売ってほしいですね。

P9151029.jpg

明治、大正期にはこんな陶器の醤油ビンもあったそうです。

P9151125.jpg

博物館を見学した後は、同じ敷地内にある「旧茂木佐邸」へ。今では市民会館として使われているこの建物は、大正時代に醤油醸造家の茂木佐平治家の邸宅として建てられ、その後、野田醤油株式会社(現キッコーマン株式会社)の所有となりました。そして昭和31年10月、同社の創立40周年記念事業として郷土博物館建設資金とともに宅地と建物が野田市に寄贈されたのだそうです。(参考:茂木佐邸物語)

P9151041.jpg

入口近くにあった屏風。

P9151054.jpg

この影がすごく美しくて何枚も撮りました。瓦から柱に至るまで全て特注し、質にこだわって作られた建物。ガイドさんが何がどうすごいのか素人にも分かるように説明してくれます。旦那かじはもともと建築好き。にわか建築好きの私と相まって、この建物には2人で大興奮しました。

P9151073.jpg

廊下。(※2歳児はちょっと飽きていました。)この廊下を曲がった先が吉永小百合さん出演のアクオスのCM撮影に使われた場所。将棋の名人戦がここで開かれたこともあります。「市民会館」なので地味であまり知られていないけど、本当に隠れた名所なのです。

P9151086.jpg

洗面所。鏡の前にはかつて椅子が置かれ、理髪部屋として使われていたそうです。

P9151089.jpg

風呂場。ベンガラ塗りの赤い壁。モダンな照明とシャワー。

P9151092.jpg

台所。他の和室などもそうですが、ここも市民会館の調理室として現役で使われています。下台所には氷冷蔵庫が今も置かれていました。

PC022858.jpg

最後に記念スタンプ。興味津々で今回は写真をたくさん撮ったけど、天気のいい日にたたみの上で正座でもして庭を眺めて心を休めたくなる場所です。近代建築、日本家屋が好きな人はぜひ行ってみてくださいね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

水戸の弘道館は修復作業中です。 - 2012.08.27 Mon

お盆は日帰りで水戸へ行ってきました。

P8150411.jpg

水戸のマンホール。市内全体が割と「梅」推し。

P8150440.jpg

物心ついてから水戸へ来たのが3度目。その3回とも弘道館へ寄りました。なんかね、好きなんですよ。震災で大きな被害を受けて、現在は復旧工事の最中です。

P8150425.jpg

こんな有り様。普段は有料の施設なんですが、現在は一部のみ公開で無料で入れるようになってました。

P8150430.jpg

瓦がだいぶ落ちてしまったようです。

P8150412.jpg

震災により落下した瓦(左)と復旧工事のために復元された瓦(右)

P8150419.jpg

壁がはがれ落ちた正庁。ここまで何の説明もなしに進めてきましたが、弘道館とはかつての水戸藩の藩校、つまり学校だった建物です。水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって創設され、国指定特別史跡・重要文化財に指定されています。

P8150424.jpg

弘道館では藩士とその子弟が学んでいました。学問と武芸の両方が重視され、文館では儒学、礼儀、歴史、天文、数学、地図、和歌、音楽など、武館では剣術、槍、柔術、兵学、鉄砲、馬術、水泳など多様な科目が教えられていたそうです。
本当に凛とした佇まいの、落ち着く建物です。

P8150436.jpg

鐘楼は全壊してしまったそう。

P8150418.jpg

記念スタンプ、あるよ。

弘道館がこんな状態なのでちょっとセンチメンタルですが、弘道館以外にもいくつか行きましたので、ブログでも徐々に紹介していけたらなと思っています。弘道館の創設者でもある徳川斉昭に要注目!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。