topimage

2017-09

下妻物語 + 下妻風景印 + 下妻市ふるさと博物館 - 2014.07.01 Tue



本当はキャベツの切手が欲しかった。



下妻市ふるさと博物館でのオススメの展示は、下妻拘置支所で明治時代から約90年間使われていた木製の女囚用独房!

現代に残る“座敷牢”女囚の苦悩にじむ 下妻監倉(かんそう)の獄舎 - 下妻市
(常陽リビングの記事に飛びます)

「壁には日付を数えた暦や「かごのトリ、ちい(ちえ)あるトリは、ひとめしのんで、あいにくる。あー残念ダ」などの言葉が爪で引いた跡が残る。」(記事より抜粋)

懐中電灯を持って中を見て回れます。
怨念が見たい方はぜひ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ここをクリックしていただくと、ブログランキングが上がる仕組みです。ポチッと応援していただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

ありがとう、さようなら、ていぱーく - 2013.09.09 Mon

最近、ブログには個展についてしか書いていなかったので、個展は長丁場でもあるし、更新が滞っていた間の別の話題なんかもね。
8月31日、我らがていぱーくこと逓信総合博物館が閉館、49年の歴史に幕を降ろしました。



前日の30日、「ていぱーく」と名の入った近隣の2つの局の風景印が、ていぱーくの閉館に伴って廃止に。



いいフォントだよねぇ。



大手町の再開発に伴う閉館だからしょうがないのだけど、このタイルの壁もいずれ取り壊されてしまうなんて、本当に寂しいね。



これは30日に撮った写真です。31日の閉館当日の混み具合は、そこがていぱーくだと信じられないほどで(笑)



「さようなら逓信総合博物館」の小型印と、右下に押してあるスーベニースタンプ(記念スタンプ)、それぞれに1時間以上並びました。
本当に信ジラレナイ。暑さにやられて貧血気味でフラフラしながら列に並んで、でも、あのいつも貸し切り状態だったていぱーくにこんなに人が…って、胸に熱く込み上げるものもあり。



しんみり。

閉館した逓信総合博物館の郵政に関する収蔵品はスカイツリーのソラマチにお引っ越し。
来年3月にオープン予定の郵政資料館を楽しみにしつつ、もう少していぱーくの余韻に浸りたいと思います。


***


今月29日まで、東京都中野区の文房具雑貨店「旅屋」にて初の個展を開催中です。

個展詳細はこちらから↓
エハガキ華個展「アマオオイ王国への旅」

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

貨幣博物館の自販機 - 2013.02.03 Sun

日本橋にある日本銀行金融研究所・貨幣博物館。

PC092926.jpg

最寄り駅は地下鉄の三越前駅ですが東京駅からも歩いていけます。入場無料。

PC092921.jpg

ここでね、一番気になったのがこれです。何とこれミュージアムショップ。ミュージアム自販機と言えばいいのか。いろいろ博物館巡りをしていますが、こういうタイプのミュージアムショップは初めて!無人だったよ!
いろいろオリジナルグッズが売られています。お札タオルやクリアファイルなども。

P2033399.jpg

展示エリア撮影禁止だったのでこちらは私のメモ書きなのですが、展示物で面白いなぁと思ったのは中国で紀元前5~3世紀頃に作られていた「刀幣」という刀の形をしたお金。それから「布幣」という農具の形をしたお金もあったそうです。

ヤップ島の巨大な石貨にも興味津々。60センチ~1メートル、巨大なものでは3メートルもあるこの石の貨幣は土地を買ったり結婚の時など特別な時に現在でも使われるそうです。(詳しくはここをクリック。)
真剣に見ると結構しんどいくらいの展示量があって、貨幣の世界の奥行きに圧倒されます。

P2033401.jpg

記念スタンプ。貨幣博物館の目の前には明治29年に建てられた日本銀行本店があり、事前に予約すると中を見学できるそうです。こちらも気になってるので機会を作って行ってこようと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

鳥クイズ&スタンプラリー2012 - 2013.01.22 Tue

「1912年に日本鳥学会が創立してから、今年はちょうど100年目に当たります。これに合わせて、日本鳥学会100周年を記念した展示が多数行われています。この『鳥クイズ&スタンプラリー2012』ではそれらの展示を含め、鳥類に関する展示をめぐることで、色々な方面から鳥類について学ぶことができます。ぜひこの機会に『鳥クイズ&スタンプラリー2012』に参加して、鳥類に対する理解を深めませんか?」

P1223218.jpg

なんていうパンフレットの謳い文句に誘われて、2012年の秋はこのスタンプラリーに参加していました。「鳥」+「スタンプ」+「博物館巡り」という私の好きなものてんこ盛りなこのイベントに参加しない手はないよ。

写真 (35)

全部で6ヶ所廻りました。トキ→国立科学博物館・企画展「鳥類の多様性」、フクロウ→国立科学博物館・常設展「鳥の多様な形」、カワセミ→国立科学博物館付属自然教育園、タンチョウ→上野動物園、オオバン→我孫子市鳥の博物館・企画展「日本の鳥」、カンムリツクシガモ→東京大学総合研究博物館「日本鳥学会の百年」

P1223217.jpg

廻った順にご紹介したいと思います。まず我孫子市鳥の博物館。ここはしょっちゅう行っているのでいつラリー用のスタンプを押したのか定かじゃないんですが、このトキの展示が延長してしてやっていたので、その時かな?

P1223214_1.jpg

9月18日、東京大学総合研究博物館。カンムリツクシガモは既に絶滅してしまった鳥で、剥製標本も世界で3体のみ。そのうち2体を山科鳥類研究所が保有し、今回30年ぶりに一般公開されました。写真撮影禁止だったので、ものすごく急いでノートに描いたもの。ドードーの骨も展示されていました。

P9181285.jpg

ちなみにこの総合研究博物館は東大の敷地内にあって、行くには懐徳門という門を通るのですが、この門のところに旧前田侯爵邸「懐徳館」のレンガ遺構があります。(教えてくれたたくあんさんの近代建築ブログはこちら!)
この地区は元々旧加賀藩主前田侯爵家の敷地で、明治40年に竣工した西洋館は関東大震災後に東大の迎賓施設となりましたが、昭和20年3月10日の東京大空襲のときに焼失してしまったそうです。

PA101933.jpg

10月10日、国立科学博物館。

P1223215.jpg

まず企画展「鳥類の多様性」を観ました。東大での展示を終えたカンムリツクシガモの剥製をここで再び見ることができました。江戸時代に堀田正敦という人が編纂した「禽譜」という本に、「朝鮮鴛鴦」としてカンムリツクシガモが記載されています。昔の日本独特のあののっぺりとした絵でカンムリツクシガモが描かれていました。それを見られたのがここでの一番の感動です。

PA101939.jpg

科博では常設展の方にもスタンプが設置されているので、久しく足を運んでいなかった地球館も見学しました。この日のランチは地球館のレストラン「ムーセイオン」にて「恐竜の足形ハンバーグ」です。さすが科博!

PA101994.jpg

この時点でスタンプラリーオリジナル記念品(スタンプ3つ以上+対応クイズ3つ以上正解)をいただきました。これを持って向かうのは、

PA101986.jpg

いたー!上野動物園のハシビロコウです。「動かない鳥」として有名ですが、結構動いていました。なんだけど、すごくコミカルな動き。見ていて飽きなかったです。

PA101956.jpg

上野動物園もスタンプ設置場所の1つです。ここでのクイズが面白かった。「このカンムリシギダチョウの卵は何色でしょう?」

PA101953.jpg

答えがすぐ近くにありました。なんとこんな色!緑!南米に分布する鳥だそうです。陽気だね。

P1223212.jpg

最後に訪ねたのは目黒にある付属自然教育園です。どうもここの入園記念スタンプは月変わりのようなので要チェック。ここはすごく広くて全部を見られなかったのでまたぜひ行きたいです。鳥がたくさんいそうなので今度は双眼鏡を持って。

そんなわけで「鳥クイズ&スタンプラリー2012」を全て廻りきることができました。世の中には国境をも越えるスタンプラリーがありますが、今回のこのスタンプラリーはわたしにとってはかなり広範囲なものでした。でも進めば進むほど勉強できて、楽しくて、未踏の博物館へ行くきっかけにもなったし、本当にためになる企画でした。ありがとう日本鳥学会!



(願わくはダブルチャンスで応募したプレゼントが当たりますように。ふふ)

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

RSSリンク