FC2ブログ
topimage

2010-08

メイツ展の準備、着々と。 - 2010.08.29 Sun

第3回メイツ展が10月にせまってきています。

ザ・メイツ展サードステージ
2010年10月13日(水)~19日(火) 取手駅ギャラリーロード

P8295501.jpg

メイツのKちゃん。
彼女はメイツ展に写真を出品予定だそうです。
今日は息子がモデルをつとめました。
メイツとしても、親としても、出来上がりがとっても楽しみです。

IMG_3078.jpg

メイツ展のDMも出来上がっています。
欲しい方はメールかコメントでお知らせくださいね。

要チェック!!
ザ・メイツ展オフィシャルブログ http://the-mates.jugem.jp/
スポンサーサイト

サブカルえんがちょ。 - 2010.08.28 Sat

最近息子がよく「えんがちょ」をしています。

P8285496.jpg

サブカルの定義はよく分からないんだけど、サブカルに分類されているもに好きなものが多いエハガキ華ですこんにちは。
性格が偏屈だからか?メジャーなものよりマイナーなものに目が向く、きっとそれだけのこと。

でも好きな理由を「サブカルだから」「マイナーだから」ってしてしまう(言っても言わなくても)のは、そりゃあ本末転倒だよね。
いいものを求めた結果が、そういう世界なんだよねぇきっと。

例えばね、好きな映画を聞かれて、「タイタニック」って答えるよりも「レザボア・ドッグス」って答える方がなんか映画通っぽいし、真の映画好きっぽい。(レザボア・ドッグスがサブカルかどうかは置いといて)
が、タイタニックはタイタニックでいい映画だと認める強さと勇気が欲しい。
※タイタニックを本当に駄作だと感じている人は除きます。私はタイタニックもレザボア・ドッグスも両方好きなんです。

ところで、たまに喋ることをやめたくなったりしませんか?
どんなに無難なことを言ってても、どんなに優しいことでも、どこかの誰かを傷つける可能性がある。
怖くて、喋ること自体に嫌気がさしたりしませんか?
私はそういうことがよくあります。

でも実際に喋るのをやめるわけにはいかないよね。

伝えるべきことは伝えないと。
そういう力はつけないと。

無難なことばかり選んで、あらゆる場面で無難に、空気読んでるつもりでやり過ごすよりも、もしかしたら誰かを傷つけるかもしれない、不快にさせるかもしれない、でもそれが自分の意見なら言うべき、だ。
そういうふうになりたいなれたらいいな。

今の目標です。

まるごと日本の生きもの。 - 2010.08.27 Fri

こんなに可愛いハンディサイズ図鑑が売っていました!

P8275494.jpg

金欠中にも関わらず思わず購入。息子とのお散歩のお供にしたいです。

P8265479.jpg

これは昨日のお散歩写真。

P8265493.jpg

最近、高速ハイハイとつかまり立ちをしまくる足です。

今日、ほんのちょっと目を離したすきに息子がビニールの切れ端を飲み込んでしまいました。
(大きいサイズのビニールだったので大丈夫だと噛ませていたのですが、いつの間にか『噛み切る』強さを身につけていたようです)

吐き出すことができたので大事には至りませんでしたが、8ヶ月の息子に油断は大敵だなぁ、と。
大丈夫だと分かってほっとして涙が出た私、改めて息子の大切さを実感した夜でした。

虐待。協力。思うこと。 - 2010.08.26 Thu

Yahooのトップニュースにまた虐待の記事があったので読みました。

虐待をした母親に向けて「あんなの母親じゃない。人間じゃない」と、おそらく全く関係ないであろう人間がネットに書きこんでいます。
本当にそうだろうか?
あなたが虐待をしないのは、その「母親」より状況が恵まれている、ただそれだけのことじゃない?

その「母親」がたどってきた生育環境をあなたは知らない。
その「母親」が抱えているかもしれない病気をあなたは知らない。
その「母親」の周囲の人間がどうであったかあなたは知らない。

もちろん生育環境や病気や周囲の人間を虐待の原因として責めるのは筋違い。
虐待という犯罪は「悪」です。
その点に関して、「母親」をかばうつもりはありません。

私のことに関して言うと。
私が虐待をしないのは、旦那や実母が本当に育児に積極参加してくれるからです。
上の妹がたびたび息子に会いにきて可愛がってくれるからです。
下の妹がなんだかんだ言いながら、実は息子と遊んでくれているからです。
その他の身内・親戚が、メールや電話で様子を聞いて、気にかけてくれるからです。
友人たちが会いにきて、息子を「可愛い」と言って抱っこしてくれるからです。
先にママになった友人が、適度なアドバイスをくれるからです。
我孫子市の市役所や保健センターの人が、親身になって助けてくれるからです。
声をかけてくれるご近所のおばさんや、話を聞いてくれるお店の方がいるからです。
そして、私の息子がなぜか世界一可愛い赤ちゃんだからです。

育児は私1人では「絶対に」できません。

子供嫌いだった私が、未婚の友人に「華ちゃんを見てると育児って楽しそうって思えてくる」と言われたり、最近知り合った方に「結婚前は保育士さんか何かやっていた?」「初めての子供とは思えない余裕」と言われたり、そんなことになっているのは周囲の協力があるからです。

私が言いたいのは、母親に対し、周囲の人ができる手助けをしてあげてほしいということです。
数時間、誰かが赤ちゃんを完全に預かってくれて、お母さんが1人で自分の好きなことに羽根を伸ばせたら、どれだけのストレスがチャラになるか。(私は周囲の協力でたびたび1人で出かけさせてもらっています)
赤ちゃんは可愛い、でもどんなに好きな相手とでも、24時間毎日ずっとべったりって、辛くなってくるでしょう?
どうか「それが育児だ」と言わないでください。
真面目な人ほどそれを信じて、辛くてもSOSを出せなくなります。
減らせるストレスは減らすべきです。

どうか不幸な虐待がなくなることを願って。
思うことを書いてみました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

RSSリンク