FC2ブログ
topimage

2012-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブホテル街に建つ台東区立書道博物館 - 2012.07.23 Mon

先日のお散歩写真隊オフ会の時に、集合場所(鴬谷駅)から近い場所に何か博物館はないだろうかと事前にチェックしておいた書道博物館。

P7087460.jpg

鴬谷からラブホテル街を歩いていって、ラブホテルばっかり建ってるエリアに突如この建物が現れます。目指すべき書道博物館。しまった、周りがどれだけラブホテルだらけか証拠写真を撮っておけば良かった。

img419 (2)

記念スタンプも、あるよ。ちょっとかすれてしまった。

img420 (2)

これは入場料と引き換えにもらえる入場券です。一般500円。

何でこの博物館はこんな変な場所に建ってるんだろうと思ったのだけど、この博物館の正面に東京都指定史跡の正岡子規旧居「根岸・子規庵」があります。子規が結核で亡くなるその最期まで住んでいた家で、昭和24年に戦災で一度焼失し、その後、昭和26年にほぼ当時のままで復元されたものだそう。子規庵は高浜虚子や伊藤左千夫、長塚節、夏目漱石や森鴎外、与謝野鉄幹ら名だたる文人墨客が集う場所だったそうで、画家であり書家であり書道博物館の創設者である中村不折も子規庵に集う1人だったということです。
書道博物館では9月19日まで「この人、どんな字? ―近代日本の文豪たち―」という企画展を開催中で、上に挙げた子規庵に集う文豪たちの直筆の書簡を見ることができます。面白かったのは子規が中村不折に宛てた書簡で、不折の画室新築のお祝いで行う「闇汁」(闇鍋)の段取りを記したもの。やみなべ!子規がやみなべ!

残念ながら今回はタイミングが合わず子規庵の方へは入れなかったので(12時~13時のお昼の時間は門が閉まってしまうので注意!)、また行きたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑鶯や木魚にまじる寛永寺。ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。