topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「縞模様のパジャマの少年」 - 2010.11.18 Thu

「縞模様のパジャマの少年」
監督マーク・ハーマン ジョン・ボインの原作小説を映画化

第二次大戦中のドイツ。軍人を父に持つ8歳の少年ブルーノは引っ越してきた新しい土地で友達もできず退屈な日々を過ごしていましたが、ある日、探検に出かけて、巨大なフェンス越しに「パジャマ」を着た同い年の少年シュムールと知り合います。
これはこの2人の少年の友情の物語ですが、気軽に鑑賞できるタイプの映画ではなくて、もう心して見るべき残酷な映画。
少年たちのこともそうだし、あの家族があのあと辿ったであろう運命のことを考えると私自身が叫びだしそうです。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と同じで、人にぜひ勧めたいけど勧める人を選びます。
重すぎて重すぎて、でもいい映画だった。本当に。

PB186859.jpg

PB186877.jpg

で、そんな重い話を書いたあとでなんですが、今日はすくすく広場の0歳児のつどいへ行ってきました。妹が一緒に行ってくれましたのね。
参加のママたちがそれぞれ「最近あった嬉しかったこと」というのを自己紹介代わりに喋るコーナーがあって私は「取手蛍輪フォトコンテストで優勝しました」という自慢をしました。そしたらあとから妹に「他の人はみんな自分の子供にまつわる話をしてたよ。お手伝いしてくれるとか」とつっこまれました。あぁ、なるほどたしかに。
息子よごめん、私はもちろん君の笑顔が嬉しいよ。大前提ね。ダイゼンテイ。

息子が縞模様を着てるのは偶然だよ。


本日22位!◎ブログランキング1日1回クリックお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

その映画見てみたいです。
今日ツタヤ行ったのに落語しか借りてこなかった(苦笑

ダンサー・イン・ザ・ダークのように
正座して心して観ます。

今日もいい日でありますように!

ざざさんへ。

こんにちは!

私は知らなくてうっかり気軽に見てしまいました(笑)
でもほんといい映画だと思います。
落ち込むの必至ですが~。

今日はよい日でした?^^
明日もよい日でありますように!!


管理者にだけ表示を許可する

忘れた心臓。 «  | BLOG TOP |  » 恐れていた事態(=歯医者)。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。