topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼とカラスの絵を描く友人の個展を見に。 - 2010.12.25 Sat

高校の同級生の岡田尚子ちゃんが東京の表参道で個展を開催中なり。息子と2人で行ってまいりました。クリスマスで、何かのお祭りかと思うほど人でごった返したオモテサンドウ。そこを通行する人はやたらとんがったファッションセンスの持ち主多し。

PC257467.jpg

会場は「ART IN GALLERY」。路地をちょっと入ったところ。静かなところ。

PC257469.jpg

尚ちゃんの描く木(植物)は繊細。彼女は動物や植物をメインに描きます。

PC257474.jpg

ギャラリー内にて。向かって左の、息子を抱っこしてくれているのが尚ちゃんです。

PC257478.jpg

That's くりすますないとのおもてさんどう!

尚ちゃんは狼とカラスの絵をシリーズで描いています。以下の文章は尚ちゃんのホームページのstatementから抜粋。

そこに狼とカラスを置く理由をあえて述べるなら、
彼らの背負う宿命、生まれながらに恐れられ、忌み嫌われる彼らの運命。
その中で生きてきたからこそ、放てる強さと哀愁を描きたかった。
嫌われつつ消えていった者と、嫌われつつも、しぶとく共存を選んだ者。
二者の会話は、一体どんなものだろう。
そして私は、彼らと旅路を共にできるような、多くの作品を生み出せる画家になりたい。


私はこの文章がとても好きで、以前から尚ちゃんの絵はきれいだすてきだと思っていたけれど、文章を読む前と後では尚ちゃんの絵を見る目が変わりました。何か詩を読んでいるときのような。そんな感覚なんです。
最近の新作の「くらやみあんこう」というモチーフも文学的な匂いをすごーく感じる。「くらやみあんこうは昨日もスレフスクを漂う。くらやみあんこうは今日もスレフスクを漂う。」この絵は今回の一番のツボでした。

岡田尚子さんの個展「Reminiscence」は残りあと2日!今月27日までです。
http://paquepapi.peewee.jp/ ←尚ちゃんのサイト、詳細はこちらで


ブログランキングよかったら1日1回クリックお願いします。華より。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「小さいことにくよくよするな!」っていう本の話。 «  | BLOG TOP |  » 懐かしのくるくるデザイン定規。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。