topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛する映画について。 - 2010.04.15 Thu

映画が、好きです。

が、最近は「面白い映画に会う確立」が断然に下降。
面白い映画を面白く観られない、というか。
小学生の頃は、観る映画観る映画みんな面白かったのに。

これは「変に目が肥えてしまった」ということだと思うのです。
「こういうシーン、どこかで見たな」とか「こういう演出、あの映画で見たな」とか、そういう余計な知識が邪魔して純粋な気持ちで映画を観ることが難しいのです。
(そういう知識が一切なかったら、端的に言うと「面白くない映画」さえ「面白い」はずです。初めて『活動写真』を見た人々の感動を想像してみてください)

私は別に映画評論家になって映画を批評したいわけではなく、映画を観て大笑いしたり大泣きしたり人生について考えたり人間やめたくなったり人間って素晴らしいと思ったりしたい、というのが本心、であって。
映画をたくさんたくさん観ているような人たちって、こういう「問題」とどう付き合っているのでしょうか。

入浴中にこんなことを考えていたので、忘れないうちに書いてみました。

P4152989_convert_20100415002748.jpg

ちなみに、そんな私が最近「面白かった映画」は、20年ぶり?くらいに観た「ET」。
不覚にも涙してしまい、だからくすぶっていた映画魂に火がついたのかもね。

(写真は棚の中にあった「グッドモーニング、ベトナム」のパンフレット)
関連記事
スポンサーサイト

お店のイラスト~Smile the First。 «  | BLOG TOP |  » 絵はがきプロジェクト開始。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。