topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島で拾ったお人形。 - 2011.05.26 Thu

P5269631.jpg

今から7年くらい前に広島に住んでいた時、道端に「どうぞ貰ってください」と書かれた箱があっておもちゃがいっぱい入っているのを発見したことがあります。その中の1体の可愛い人形を選んで連れて帰りました。その人形を今でも持っています。

P5269637.jpg

時は変わって、先週図書館で借りた「少女スタイル手帖」という本に、その広島で拾った人形と似ているものが載っていました。何となく古そうだなぁとは思っていたのですが、私が拾った人形は昭和30年代~40年代に大流行した「ポーズ人形」と呼ばれるものの可能性が高いみたい。もしくはポーズ人形より小さめな「少女人形」というものかも。

P5269617.jpg

台座に立っていて、脚が長く、約5等身なのが典型的スタイル。

P5269625.jpg

もしかしたらこの子の服はかつてもっと長かったのかも。裾の切れ方が不自然です。

P5269627.jpg

帽子にももっと何か飾りがあったような穴があいています。

P5269628.jpg

おめめ、ぱちくり。当時の外国への強い憧れが反映されて、ポーズ人形には栗色やブロンドの髪の子が多いらしいです。

ポーズ人形は元々日本人形のメーカーが作っていたもので、和人形と基本的な素材や作り方は一緒、当時の輸入モノのソフトビニール製人形とは違って芯材を布でくるんだボディです。顔などのパーツは美大などのアルバイトの人たちが流れ作業で描いていたんだって。
ポーズ人形と呼ばれるものは1つのメーカーではなく各社がいろいろ出していたそうですが、まるで一社が作っていたかのようにサイズや作り方が一緒で見分けがつきにくいそう。(宇野あゆみさんの『少女スタイル手帖』より)

7年前は「人形を拾うなんて」って小言を言われたけど、やっぱりなんか可愛くて、それにこの「少女スタイル手帖」で宇野あゆみさん(人形作家で人形コレクターらしい)の昭和のレトロなおもちゃやお人形への「愛」を読んだら、もっともっと愛着心が湧いてきました。
我が家にお越しの際は、普段いつも玄関にいる彼女にもどうぞ注目してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 我孫子情報へ
ランキング、クリックしていただけると喜びます。ありがとうございます。華より。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

モレスキン幻想日記8「シールを貼るページ」 «  | BLOG TOP |  » Today's Newspaper Card Tag 我孫子のドードー。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。