topimage

2017-09

雨の降る日の蜘蛛の巣。 - 2011.06.16 Thu

P6160216_1.jpg

P6160217.jpg

P6160219_1.jpg

蜘蛛は森の入口の楢の木に、どこからかある晩、ふっと風に飛ばされて来てひっかかりました。蜘蛛はひもじいのを我慢して、早速お月様の光をさいわいに、網をかけはじめました。
あんまりひもじくておなかの中にはもう糸がない位でした。けれども蜘蛛は「うんとこせうんとこせ」と云いながら、一生けん命糸をたぐり出して、それはそれは小さな二銭銅貨位の網をかけました。

宮沢賢治「蜘蛛となめくじと狸」より

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 我孫子情報へ
ランキング、クリックしていただけると喜びます。ありがとうございます。華より。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

梅雨に紫陽花に。 «  | BLOG TOP |  » 地図の絵葉書コレクション【12】(コロンス島)

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

RSSリンク