topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ココ・アヴァン・シャネル」 - 2010.05.19 Wed

「ココ・アヴァン・シャネル」 (Coco avant Chanel)
監督アンヌ・フォンテーヌ 主演オドレイ・トトゥ

本日、雨がぽつぽつ、DVDにて鑑賞。

お金持ちの女性はみんなコルセットをして、大きな羽根のついた帽子をかぶり、豪華に派手に着飾っていた時代。
女性はそんなに動いたりしないし、馬には腰掛けるスタイルで決してまたがりはしないし、「シンプル」であることは貧困の証。
そんな中、孤児院出身のココがデザインする帽子や服は動きやすさを重視し、「私たちは飾り物ではない」と女性の社会進出を促すものだった。

正直ワタシは今まで「シャネル」というのは「ただの高級ブランド」だと思っていました。
お金持ちの人のためだけに作られた、高級な素材を使った高級な服。

しかしその服はココ・シャネルというひとりの女性が築きあげた女性の自立の象徴だったのです。
彼女がいなかったら、現代に生きる私たちはまだ、長い裾をひきずってコルセットをしてゼーゼーいいながら歩いていたのかも。

PICT8184.jpg

映画的に言えば、「これから盛り上がる!わくわく!」と思ったところでエンディングを迎えてしまった。
それだけ短く感じた、面白かった、ということなのかもしれないけど、物足りなさも残った。
ココ・シャネルのつかんだ「富と名声」、その詳細も描いてほしかったです。



追記。5/20
この記事を読んだ絵はがき友達のおひとりに教えていただいたのですが、
「ココ・アヴァン・シャネル」というのは「シャネル以前のココ」という意味なんだそうです。
つまり「富と名声」をつかむ「前」の話なんですね。

あはは。知らぬは恥。
でもそうなると、とても納得の映画です。
関連記事
スポンサーサイト

「かいじゅうたちのいるところ」 «  | BLOG TOP |  » うしくる。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。