topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風景印のススメ。 - 2010.05.23 Sun

このブログを読んでくれている方には郵趣関係の方も多いんですが、そうではない方もたくさんいらっしゃると思うので、今日は「風景印」について書いてみたいと思います。

私がたまに「今日はこれもらってきたよ」と載せているあのハンコは何なのか?

あのハンコは「風景印」と言って、郵便局で押してもらえる「消印」の一種です。
消印なので、普通の記念スタンプなどと違って何もないところには押してもらえません。
現行の郵便料金だと「50円以上」の額面の切手が必要になります。

自分が差し出す手紙やハガキに押してもらうこともできるし、収集で自分の保存用に押してもらうこともできます。
押してもらうには郵便局の窓口で直接頼むか、私はあまりやりませんが郵便で押印を依頼する「郵頼」という方法もあります。

押してもらう台紙は、ハガキや封筒には限らず、ノートなどでも大丈夫です。
私は収集用に小さな無地のノートを用意して、そこに押してもらっています。

この風景印の収集というのはとても奥が深くて、日本全国に渡る「スタンプラリー」のようなものです。
期間限定の「富士山頂郵便局」から、離島・孤島の郵便局、一般の人は立ち入ることのできない「宮内庁内郵便局」…。

「郵頼」で全てを収集するのは時間とお金さえあればそんなに難しいことではないと思いますが、私は自らの足で集めることに意味があると思っています。

最近、私がいただいたハガキに押されていた風景印を紹介しますね。

img035.jpg img036.jpg

img037.jpg img039.jpg

風景印には「ご当地」のすてきな図柄が満載です。
普段の連絡手段はメールばかりという方も、たまにはお手紙いかがですか?

お近くの風景印使用局が分からないという方はここを参照。 → 風景印使用局
(私が参考にしているサイトです。更新がされていなくて情報が古かったりしますが、県別で風景印使用局のほとんどを網羅しています)

ところで、絵柄のついている消印は風景印だけではありません。

■ 特印

img034.jpg

「特印」は記念切手が発売されたときに特定の郵便局で押してもらえる消印です。

■ 小型印

img040.jpg img038.jpg

「小型印」はイベント開催などにあわせて期間限定で押してもらえる消印です。

さあ、まずはペンを手にとって。
Have a nice EHAGAKI day !!
関連記事
スポンサーサイト

天王台絵はがき販売開始です。 «  | BLOG TOP |  » 公津の杜にて岡田尚子来場展に潜入。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。