topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳田國男、松岡鼎、岡田武松を巡る旅 - 2012.08.17 Fri

民俗学者・柳田國男、その兄・松岡鼎(かなえ)、そして國男の友人で気象学者の岡田武松。

P8170497.jpg

鼎は松岡家の兄弟の長男、國男は六男として兵庫県に生まれました。鼎は19歳で小学校の校長に任命されるような秀才でしたが、小さな家に大勢住むという無理から結婚生活は不幸で、妻は実家へ戻り、教職も退かざるをえなくなります。その後、鼎は母の工面したお金で上京し、帝国大学医学部に入り、医者になります。
その頃、布川(現・茨城県利根町布川)で代々医者を営む小川家では主人の医師・東作が若死にして困っていました。そこで布川出身であり東作の長女・としの夫でもある医師・海老原精一は、当時自分の医院で代診をしていた鼎に頼み、小川家の離れで医院を開業させます。鼎は布川での生活が安定すると両親や國男を含む弟たちを呼び寄せて面倒を見ました。

P7157788.jpg

現在、その小川家の蔵が柳田國男記念公苑内の資料館として公開されています。國男は明治20年から約3年間を布川で過ごしましたが、その間、この蔵にあった小川家の蔵書を乱読し、それが後の学者人生の礎になったのだとか。

P7157786.jpg

記念スタンプもあるよ。冊子も面白いです。

P7157760.jpg

また國男は小川家の祠で神秘的な体験をしたと言います。そのような出来事がのちのち神隠しや異常心理、あるいは民間の不思議な伝説に関心をいだかせ、代表作「遠野物語」と繋がっていったようです。「ピーッとひよどりが鳴いて(中略)人心地がついた」、こういう話大好き!

P8170505.jpg

祠は記念公苑内に現存していますが、中の「綺麗な玉」は利根町歴史民俗資料館の方に展示されています。こちらも要チェックだよ。

P8170501.jpg

栄橋の近くに今でもある徳満寺。子供の頃にこの「間引き絵馬」を見た体験は、「飢饉を絶滅しなければならない」と國男を学問の道へ駆りたてました。

P8170503.jpg

その「栄橋」は利根川が分かつ千葉県側の我孫子市布佐と茨城県側の利根町布川を繋ぐ橋です。鼎は小川家での診療を終えると家族と共に布佐へ移住し、「凌雲堂医院」を開業、千葉県医師会会長をなどを勤めました。また布佐町長として栄橋の架橋を立案したのは鼎であり、設計をしたのは小川東作の弟・東吾です。

P7157800.jpg

布佐の竹内神社には日露戦争での旅順陥落の際に松岡兄弟らが桜の樹を贈ったのを記念した石碑が建っています。

P7157801.jpg

松岡鼎、柳田國男の字が読めます。松岡静雄は國男の弟です。井上次郎はこのブログでも数度紹介している「相島芸術文化村」の旧井上家住宅の12代当主でした。手賀沼の干拓に従事した人物です。

P8170502.jpg

岡田武松は気象学者で、小川東作の子・龍(りょう)の義理の甥にあたります。日本海海戦当時、連合艦隊から大本営宛てに打電された有名な電報「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」の原点となる天気を予報した人物だそう。國男とは1歳違いで、共に筑波山に登った親友でした。

P8160490.jpg

ここは布佐の岡田武松邸跡。現在は「近隣センターふさの風」となっていますが、門扉など一部が残っています。

P8170509.jpg

そして鼎が開業した「凌雲堂医院」は岡田邸跡のすぐ近くです。現在は医院はやっていないようで看板も取り外され、完全に一般のお宅になっているようだったので写真は控えました。が、この冊子に見る当時の面影は残っています。國男が少年時代に続き、青春時代を過ごした場所です。

これだけの歴史が市内や隣町っていうすぐ近くにあったというのが驚きで、ずいぶん端折った部分も多いですが、駆け足でご紹介しました。何て楽しいんだろう。小川家の祠の話が本当に好きです。最近ヒヨドリがよく鳴いているから余計かな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

茅葺き屋根の不思議な教会・旧手賀教会堂 «  | BLOG TOP |  » オリンピックの思い出とオオバン?

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。