topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸の弘道館は修復作業中です。 - 2012.08.27 Mon

お盆は日帰りで水戸へ行ってきました。

P8150411.jpg

水戸のマンホール。市内全体が割と「梅」推し。

P8150440.jpg

物心ついてから水戸へ来たのが3度目。その3回とも弘道館へ寄りました。なんかね、好きなんですよ。震災で大きな被害を受けて、現在は復旧工事の最中です。

P8150425.jpg

こんな有り様。普段は有料の施設なんですが、現在は一部のみ公開で無料で入れるようになってました。

P8150430.jpg

瓦がだいぶ落ちてしまったようです。

P8150412.jpg

震災により落下した瓦(左)と復旧工事のために復元された瓦(右)

P8150419.jpg

壁がはがれ落ちた正庁。ここまで何の説明もなしに進めてきましたが、弘道館とはかつての水戸藩の藩校、つまり学校だった建物です。水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって創設され、国指定特別史跡・重要文化財に指定されています。

P8150424.jpg

弘道館では藩士とその子弟が学んでいました。学問と武芸の両方が重視され、文館では儒学、礼儀、歴史、天文、数学、地図、和歌、音楽など、武館では剣術、槍、柔術、兵学、鉄砲、馬術、水泳など多様な科目が教えられていたそうです。
本当に凛とした佇まいの、落ち着く建物です。

P8150436.jpg

鐘楼は全壊してしまったそう。

P8150418.jpg

記念スタンプ、あるよ。

弘道館がこんな状態なのでちょっとセンチメンタルですが、弘道館以外にもいくつか行きましたので、ブログでも徐々に紹介していけたらなと思っています。弘道館の創設者でもある徳川斉昭に要注目!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

歯医者さんの「歯」キャラクター【25】 «  | BLOG TOP |  » 慶弔用切手発行30年小型印を折り鶴にのせて

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。