topimage

2017-09

船中八策に安重根の撃った弾丸、憲政記念館へ - 2012.10.12 Fri

この8月の暑かった日、朝から世田谷の「食と農の博物館」へ行き、それから中野で「Cafe Bon Voyage in 旅屋」に参戦し、ようやく日の傾きかけた頃、永田町の憲政記念館へ到着しました。

P8250643.jpg

憲政記念館。日本の憲政、議会政治に関する資料を展示しています。

P8250646.jpg

議場を再現した部屋。展示室内はここのみ撮影OK。記念撮影オススメのスポット。

P8250648.jpg

天井がきれいです。本物の議場もこうなっているのだっけ?(以前、見学したことがあるけれど記憶にあらず。また行きたいなぁ)

PA061798.jpg

記念スタンプもすごく良いです。そして鬼気迫るような歴史的な展示品たち。木戸孝允が書いた薩長同盟の覚書に坂本龍馬が朱墨で裏書きしたもの。同じく龍馬の船中八策、足尾銅山鉱毒事件において田中正造が天皇に宛てた直訴状…。精巧な複製品の展示も多いのですが、聞いただけでぞくぞくするでしょう?

PA061802.jpg

今回一番印象的だったのが、伊藤博文が安重根に狙撃された時の弾丸です。この弾は伊藤博文に随行し、同じく狙撃された満鉄理事・田中清次朗の体内から摘出されたものだそうです。そんな血なまぐさい由来のある品なのに、見た目はただの丸っこい鉄の塊といった感じで、それは私が銃におびえないでいい生活をしているからかもしれないけれど、こんなもので人が殺せる、実際に重傷を負わせた弾だというのは想像し難いことでした。
私はこの弾の前に一番長くいたと思います。

記念館の庭には、全国の土地の標高を決める基となる日本水準原点もあります。今回私は見逃してしまったのですが、このブログを読んでくれている方にはそういうのが好きな人も多そうです。

gijido201210.jpg

国会議事堂のすぐ近くに位置しています。帰りに議事堂の正面を通り、iPhoneで撮影しました。議事堂も近くで見ると本当に壮麗な建築物です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Ringo's traveling in Kanmon #3 関門海峡編【3】 «  | BLOG TOP |  » アートアクアリウムで金魚の美を知る

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

RSSリンク