topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チェンジリング」映画と妖精民話について。 - 2010.06.18 Fri

チェンジリング (Changeling)
監督クリント・イーストウッド 主演アンジェリーナ・ジョリー

雨がしとしと。DVDにて鑑賞です。

実話を元にした映画らしいですが、とてもキツいお話でした。
もし自分の子供が誘拐されてしまったら?
数ヵ月後、帰ってきた「息子」が別人だったら?
「別人だ」と訴えても警察が信じてくれなかったら?

本当にキツい。
この間実は久しぶりに「ミリオンダラー・ベイビー」も見たんですが、クリント・イーストウッドの映画って、とっても重い。そしてすごくいい。
「俳優だけど、監督業もやってるよ」っていうレベルでは、全然ない。

「Changeling」という言葉は日本では「取り換え子」と訳されたりするんですが、ヨーロッパの古い民話や伝承で、妖精が人間の子供をさらいにきて、代わりに妖精の子供を置いていくことを言います。
実際には、自閉症児や障害を持った子、親から見て「育てにくい子」とされた子が「妖精の子」とされ、それを信じた親から「お前は本当の子供ではない」とひどい扱いを受けたり、殺されてしまったという話もあるようです。

知らないというのは怖い。

P6174058.jpg

なんだかものすごくズッシリとのしかかるような話を書いてしまいました。
この映画を見たあと、息子の笑顔を見たら、緊張していた心がほぐれて、私も笑顔になれました。
関連記事
スポンサーサイト

「紫陽花」という漢字が美しい。 «  | BLOG TOP |  » 梅雨はいずこ?あやめまつり。

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。