FC2ブログ
topimage

2020-02

下妻物語 + 下妻風景印 + 下妻市ふるさと博物館 - 2014.07.01 Tue



本当はキャベツの切手が欲しかった。



下妻市ふるさと博物館でのオススメの展示は、下妻拘置支所で明治時代から約90年間使われていた木製の女囚用独房!

現代に残る“座敷牢”女囚の苦悩にじむ 下妻監倉(かんそう)の獄舎 - 下妻市
(常陽リビングの記事に飛びます)

「壁には日付を数えた暦や「かごのトリ、ちい(ちえ)あるトリは、ひとめしのんで、あいにくる。あー残念ダ」などの言葉が爪で引いた跡が残る。」(記事より抜粋)

懐中電灯を持って中を見て回れます。
怨念が見たい方はぜひ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ここをクリックしていただくと、ブログランキングが上がる仕組みです。ポチッと応援していただけると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

石下郵便局風景印 «  | BLOG TOP |  » 4年2ヶ月使った消印ノート

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

RSSリンク