FC2ブログ
topimage

2019-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波実験植物園「きのこ展」へ - 2012.11.02 Fri

茨城県つくば市にある「筑波実験植物園」は上野の国立科学博物館の付属施設で、世界各地の植物を敷地内に収集・研究しています。そんな植物園へ郵趣な友人のTさんと先月末「きのこ展」を観に行きました。

PA242183.jpg

いざ!

PA242087.jpg

キノコの展示コーナー。私たちは研究員さんが解説をしてくれる園内ツアーに参加しました。青いシャツを着ているのが研究員さんです。

PA242097.jpg

毒キノコも嗅いでよし、触ってよし。これはシロオニタケというそうです。毒です。

PA242100.jpg

研究員さんは毎月皇居のキノコ調査へ行かれるそうで、これは皇居にて採取したオニフスベだそう。「菊の御紋入りですか?」なんて冗談飛ばしてる方がいましたね。

PA242103.jpg

カニノツメというキノコは本当に蟹の爪みたい。覚えやすい。そして臭いです。

PA242113.jpg

展示コーナーの解説後も研究員さんが園内を案内してくれます。園内に生えているキノコは勝手に自生しているのだそうですが、園内の植物の種類が豊富なため、かなりいろんな種類のキノコが生えるそうです。これはカラカサタケ(と、キノコと一緒にピースするお茶目なTさん)。

PA242127.jpg

ツチグリ。何だかころころしている。

PA242173.jpg

これはドクツルタケだったかな?かなりの猛毒だそうで、致死性も高いそうです。そういうのが普通に生えているんだね。

PA242181.jpg

これは名前を失念したけれど、美しいキノコでした。

PA242191.jpg

足元に虹が。植物園には温室もあって、私のオススメは多肉とサボテンのコーナーです。以前撮ったサボテンの写真はこちら→

PB022195.jpg

そんなわけでキノコ愛の高まった1日でした。キノコ、キノコ、キノコ!本当に不思議なやつらです。
雨後のキノコ探しは最近加わった新しい趣味の1つ。まだまだキノコの知識は限りなくゼロに近いのですが、いつか自分で収穫したキノコを食べるのが目標です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

船中八策に安重根の撃った弾丸、憲政記念館へ - 2012.10.12 Fri

この8月の暑かった日、朝から世田谷の「食と農の博物館」へ行き、それから中野で「Cafe Bon Voyage in 旅屋」に参戦し、ようやく日の傾きかけた頃、永田町の憲政記念館へ到着しました。

P8250643.jpg

憲政記念館。日本の憲政、議会政治に関する資料を展示しています。

P8250646.jpg

議場を再現した部屋。展示室内はここのみ撮影OK。記念撮影オススメのスポット。

P8250648.jpg

天井がきれいです。本物の議場もこうなっているのだっけ?(以前、見学したことがあるけれど記憶にあらず。また行きたいなぁ)

PA061798.jpg

記念スタンプもすごく良いです。そして鬼気迫るような歴史的な展示品たち。木戸孝允が書いた薩長同盟の覚書に坂本龍馬が朱墨で裏書きしたもの。同じく龍馬の船中八策、足尾銅山鉱毒事件において田中正造が天皇に宛てた直訴状…。精巧な複製品の展示も多いのですが、聞いただけでぞくぞくするでしょう?

PA061802.jpg

今回一番印象的だったのが、伊藤博文が安重根に狙撃された時の弾丸です。この弾は伊藤博文に随行し、同じく狙撃された満鉄理事・田中清次朗の体内から摘出されたものだそうです。そんな血なまぐさい由来のある品なのに、見た目はただの丸っこい鉄の塊といった感じで、それは私が銃におびえないでいい生活をしているからかもしれないけれど、こんなもので人が殺せる、実際に重傷を負わせた弾だというのは想像し難いことでした。
私はこの弾の前に一番長くいたと思います。

記念館の庭には、全国の土地の標高を決める基となる日本水準原点もあります。今回私は見逃してしまったのですが、このブログを読んでくれている方にはそういうのが好きな人も多そうです。

gijido201210.jpg

国会議事堂のすぐ近くに位置しています。帰りに議事堂の正面を通り、iPhoneで撮影しました。議事堂も近くで見ると本当に壮麗な建築物です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

キノコも昭和も虚無僧も!松戸市立博物館 - 2012.10.06 Sat

松戸市立博物館は、野外キャンプ練習場や野鳥観察舎を要する自然豊かな「21世紀の森と広場」に隣接しています。

P7290125.jpg

21世紀の森と広場のキャラクター、ドンちゃんとグリちゃん。

P7290100.jpg

ドンちゃんとグリちゃんの顔出しパネル。

PA061805.jpg

パークセンターにドンちゃんグリちゃんのスタンプがあります。博物館へ行く前に寄ってみてね。

P7290112.jpg

敷地内でキノコをたくさん見つけました。(撮影は7月)

P7290119.jpg

立派なのがにょきっと。キノコ以外にもいろいろ見つけました。例えば、トンボの種類が豊富でびっくり。オニヤンマに、それから種類の分からない見たことないものも。

P7290126.jpg

さて、博物館へ。ここの目玉は昭和30年代の常盤平団地での生活の様子を再現した展示部屋。これが結構よくできています。

P7290130.jpg

靴のままあがってルートに沿って抜ける展示部屋なのですが、2歳息子は普通のお宅だと思ったらしくて、靴を脱いで上がろうとしていました(笑)そのくらいよくできているんですよ。

P7290136.jpg

かるーくタイムスリップ。

PA061796.jpg

またもう1つの目玉と思われる「虚無僧」のインパクトが絶大!虚無僧とは、深編笠をかぶり、お経の代わりに尺八を吹く普化宗の僧。罪を犯した武士が普化宗の僧となれば、刑をまぬがれ保護される、なんてこともあったようで、そんなところからきっと時代劇でも「お忍び」とか「密偵」なんて怪しい立場の存在として描かれているんですね。顔、見えませんしね。
松戸の一月寺は普化宗の総本山でした。一月寺は現存していますが、明治政府によって普化宗が廃止されて以降、Wikipediaによれば「僧侶は僧侶資格を失い、近くの万満寺の助力を得ながら在家が管理する形となっていた」そうです。昭和30年代に日蓮正宗に改宗。
虚無僧関連展示室の真ん中にどーんと鎮座している虚無僧の銅像と記念撮影するのがオススメ。

PA061807.jpg

上のモレスキンに押した以外にもこんな記念スタンプが。

常盤平団地や虚無僧以外にも、東葛飾地域の歴史についての展示が丁寧で分かりやすかったのですが、この時は息子がいたのでゆっくり見ることができず、また行きたい場所です。
小さいながらミュージアムショップもありました。虚無僧ストラップもあるよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

月刊「地図中心」と地図と測量の科学館 - 2012.09.18 Tue

世の中にはマニアックな月刊誌がいろいろあるもので、

P9120995.jpg

私これ、つくばの「地図と測量の科学館」でしか売っているのを見たことがないのですが「地図中心」。

P9120996.jpg

「地図を楽しむ月刊誌」!6月号が「地図と測量の科学館」の特集だったので買ってしまいました。地図と測量の科学館は国土地理院の運営ですが、地図中心を発行しているのは国土地理院所管の(財)日本地図センターというところです。

P9121000_1.jpg

買ってみて気付いたのですが、「地図中心」では「絵葉書の地図コレクション」という連載があるのです。うわーうわー!趣味丸かぶり!私もこのブログの「地図の絵葉書」というカテゴリでたまに地図の絵葉書を紹介していますが(あ、でも4ヶ月くらい更新してないや)、実はアンティークの地図絵葉書にはまだ手を出していません。この連載を読んで勉強しようかな?アンティークの地図絵葉書ってヤフオクなどに結構出品されていて気になる分野なのです。

P9121001.jpg

地図と測量の科学館の記念スタンプ。ミュージアムショップでは地図記号のマスキングテープや国土地理院の廃図を利用したメモ帳などいろいろ気になる地図グッズが売っています。(が、マステは先月行った時は売り切れでした。また入荷するのかな?)そんな気になる博物館なんですが…。

P9121002.jpg

記念スタンプもういっちょ。私は正直、この博物館にはもうちょっと頑張って欲しいなぁという感想を抱いています。敷地も広くてすごく立派な建物、入場無料、どうやって運営してるのか分からないけど、これで運営できちゃってることにあぐらかき過ぎ!って思ってしまうのです。グッズは充実してる、記念スタンプは素敵、だけれど展示をもうちょっと充実させてほしいなって。何のためにこここんなに広いの?って。

期待故の苦言でした。
本当に、仕分けされちゃわないように頑張って!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
↑ランキング、ぽちっと応援いただけると喜びます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

検索フォーム

このブログ内の言葉を検索できます。

プロフィール

郵便出したり、絵を描いたり、博物館めぐったりしているエハガキ華のブログです。
もうちょっと詳しいプロフィールはこちら

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォームよりお願いします。

オススメ記事
漫画で解説「海外宛てにも風景印は押せる!」
絵入りの消印は4種類
どうやって消印を集めよう?
postcrossingでダヴィンチコードを解読せよ!

Twitter
Instagram
Notebookers.jp


ランキング参加中です。
にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログブックマーク

Powered By 画RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。